「ほっ」と。キャンペーン
AtoZサロン@盛岡報告!
5月13日昼、豊嶋さんの運転にて弘前を出発。
お天気もよく快調な滑り出しでしたが、途中雲行きが怪しくなり、盛岡に到着したころには雨でした。
まずは、4月にオープンしたいわて県民情報交流センター「アイーナ」にある「もりおかわんこ」見学。銀色のカップに丸くカプチーノ(?)の泡が盛り上がった中にわんこが鎮座していました。子どもたちが、「わんこ」の周りで遊んでいて、アイーナでも人気スポットのようでした。
f0041819_12302319.jpg

ギャラリーオーナー川口直子さんにご挨拶。サロンまで時間があったので、川口さんがやっているもう一つのお店「スタジオロジコ」へ。地元のアーティストの作ったおもしろい作品が並びます。写真集を置いてもらうことをお願いしつつも、みんなお店の珍品に目を奪われ、思わずお買い物しました。
その後、隣の無国籍料理レストランにて、現地ボランティアの三上君、熊谷さん、ドキュメント部会 笠松さんと打ち合わせを行い、ギャラリーが閉館する6時より会場の設営準備。ぞくぞくとお客さんが入り小さなサロン会場は、あっという間に埋まってしまいました。

f0041819_12304936.jpg

f0041819_125828.jpg

6時半きっかりにサロン開始。
司会のA to Zについての説明の後、豊嶋さん、ボランティアの三上くんが登場。二人そろって盛岡弁「おばんでがんず」とあいさつし、ほのぼのとした雰囲気で始まりました。
f0041819_12582686.jpg

f0041819_12584242.jpg

スライドを紹介しながら、はじめに、graf結成とその活動について、そして奈良さんとの出会い「s.m.l.」から現在に至る活動、前日(5/12)までの『A to Z』生進行状況までをゆっくりとわかりやすい口調で、ときには笑いも交えながらのお話をしてくださいました。実際に制作に当たっているスタッフを紹介したり、現場の犬「アイロン」を紹介したり、親近感を持ってもらえるスライドを取り混ぜながら、豊嶋さんの話が進むに従い、お客さんもぐっと話に引き込まれていきました。弘前でボランティアとしてgrafと一緒に小屋制作をしていた三上くんからは、「作品や展覧会をともに作りあげる感覚がとても心地よい」というすてきなコメントがでました。
f0041819_1259253.jpg

f0041819_12591676.jpg

お客さんの年齢層は幅広く年配の方から若い方まで。女性が圧倒的に多い中、年配男性の姿もあり、真剣に聞き入っていたのが印象的です。
質問コーナーでは、「何で小屋なんですか?」といった鋭いご意見に対して、豊嶋さんより「元来奈良さんの作品には、小屋というモチーフが入っていた。それを実在の形に発展させたものが、現在の作品の形。grafが作った小屋や街に、奈良さんの作品が入ると、街に息が吹き込まれる。」と確信に迫るお話もいただきました。
f0041819_1322954.jpg

f0041819_1331039.jpg

また実際にボランティア活動に興味を示してくださった方もいて、「どんな仕事をするの?」とか「どれくらい活動できればよいの?」といったことも聞かれました。
帰りに、「今年の夏は弘前に絶対行きます!」といった声をかけていただき、とてもアットホームなサロンとなりました。
f0041819_1332135.jpg

(文=AtoZ実行委員会 若井秀美  写真=AtoZ実行委員会)
[PR]
# by AtoZ_reporter | 2006-05-19 13:06 | ☆イベント・リポート
第1回ボランティア交流会/煉瓦倉庫でお花見編
4月30日。
桜の名所弘前。そこにたたずむ吉井酒造煉瓦倉庫。
普段は静かなこの場所で申込みをしてくれた総勢230名のボランティアに呼びかけた花見。
AtoZでは様々な部会に分かれて活動している。
今回は部会に関係なく多くのボランティアさんが情報交換や親睦を深めてほしい。
そんな想いで開催されたその花見の内容は・・・

●19:30より
当日、天気は小雨。倉庫の桜もまだ3分咲きという状況。
そんな中、約120名が集った熱い熱い花見は大川会長の挨拶とgraf豊嶋さんの乾杯の掛け声で始まったのでした。
f0041819_10284080.jpg

当日、実行委員会から豚汁や芋煮、おでんやビールなど用意しておりましたが、多くのボランティアさんからたくさんの差し入れ!さながら、青森の名産品市のようにたくさんのおいしいものが集まった様子は圧巻でした。誰からのいただきものかも書いて感謝しながらいただきま~す!
f0041819_10344940.jpg

●メインイベント!
花見開始から45分ほどすると、こちらが登場!
f0041819_10364215.jpg

餅つき好きのgrafワッキーからの話がとんとん拍子で進み、実現してしまいました!
一筋縄ではいかない餅つきの道具も、餅部会?!を発足し杵も臼ももち米も蒸らす鍋もきな粉もあんこもすべてボランティアさんの力を借りて揃えることが出来ました~。
ボランティアさんの力が集結した道具を使いみんなでペッタンペッタン。
臼と杵を持ってきたボランティアさんが皆に喜んでもらいとても満足そうな表情。
やってよかったな、と思える瞬間。
きな粉やあんこでウマウマ。
おいしくいただきました。
ごちそうさまです。
f0041819_10425416.jpg

●裏メインイベント
餅つきの後は、余興タイム。
実行委員の北川が津軽三味線生演奏。
2曲ほど弾いて歌ったところで「今日のために作った曲を聴いてください」
と言ったところで今日の裏メインイベント。
弾いた曲はトランペットを吹けるボランティアさんと共演してみんなで歌うハッピーバースデー!
f0041819_1135918.jpg

誕生日の二人には奈良さんの絵が入ったバースデーケーキ!おめでとうございます~。
f0041819_11225911.jpg

●争奪戦!
会場を落ち着かせる間もなく次のイベント!
最近このAtoZリポートでもお知らせした「AtoZ cup」。
grafが期間限定で営業するカフェ「gm:HIROSAKI」で出している激ウマパウンドケーキ。
この2つを争奪するジャンケンゲーム!
f0041819_14405387.jpg

f0041819_1410651.jpg

み、皆さん、目が本気です・・・!!
次々と皆が脱落していく中、幸運にも「AtoZ cup」を手にした勝者。イェイ!
f0041819_1414687.jpg


この後も、長い長い花見の夜は更けていくのでした・・・。

今回の花見で、皆さんの熱い力を感じることが出来楽しい時間でした。
5月27日より会期中ボランティア総勢850名の募集を行います。
AtoZを通して多くの仲間と出会う。
今後もボランティア交流会でそのお手伝いが出来れば、と思います。

(文=AtoZ実行委員会 北川直樹  写真=AtoZドキュメント部会ボランティア 村川さおり)
[PR]
# by AtoZ_reporter | 2006-05-04 15:44 | ☆イベント・リポート
六花酒造工場見学−AtoZ Cup House[4/25-26]
f0041819_144433.jpg

AtoZが開催される「吉井酒造煉瓦倉庫」では昔お酒を造っていたという。
酒造所当時の風情を彷彿させる「お酒」が、今回「六花酒造」とのタイアップにより実現しました。
オリジナルラベル「純米酒 AtoZ Cup House」が数量限定で発売されます!
「じょっぱり」や「蔵子」などで知られる六花酒造。取材に伺った4月25日、倉庫内では瓶詰め作業が黙々と続いていた。
f0041819_1445731.jpg

f0041819_1451171.jpg

f0041819_1453269.jpg

f0041819_1455144.jpg

弘前を代表するアーティストと酒造のコラボレーション。酒好きならずとも感心を持つに違いない。
「純米酒 AtoZ Cup House」はワンカップスタイル。カップのデザインは雲の上の女の子、寝てる犬、3人の女の子の全3種類。しかもフタにまで女の子の絵とAtoZの文字がっ!!
f0041819_1461480.jpg

f0041819_1462783.jpg

開けるのがもったいない、けど飲みたい…とちょっと複雑。工場瓶詰め作業をみている間中、取材陣からは「かわいい〜」の声が何度も聞こえてきていた。
作業は人の手で行われる工程がかなりあってビックリ。やはり特殊なデザインという事もあり、機械ではどうしても無理なのだという。通常カップのデザインはパターン柄がほとんどな中、このカップには表裏があり、表面の絵に開け口の取っ手がかからないように配慮されている。ここまでのこだわり、思わずため息が出てしまった。
箱詰めは26日。オリジナルの小屋の形をしたパッケージがまたとっても可愛らしい。3つの小窓からそれぞれの顔を覗かせている。この箱詰め作業ももちろん手作業。おみごと。
f0041819_1474362.jpg

おみやげにしても喜ばれそうだし、自分の手元にも早く置きたい。
そして全国の奈良美智ファンのみんなにも早く届けたいな。

(写真=AtoZ実行委員会 文=三上恵里)
[PR]
# by AtoZ_reporter | 2006-04-27 01:52 | ★その他




Copyright 2006 Yoshitomo Nara + graf All rights reserved.
掲載された記事・写真の無断複写・転載はご遠慮ください。