「ほっ」と。キャンペーン
<   2006年 02月 ( 14 )   > この月の画像一覧
39アート@A to Z 開催!
f0041819_1740570.jpg

「Thank you @RTの日」、吉井酒造煉瓦倉庫特別公開!!
制作見学、現場でAtoZ解説、奈良美智+grafにサンキューですね。

すでにご案内のとおり、2/21より参加者募集が開始され、限定定員27名(3×9=27)まで、残りわずかです。
詳細は、こちらまで。
39アートって、、はて?→こちら
[PR]
by AtoZ_reporter | 2006-02-24 18:13 | ★新着情報!
煉瓦倉庫は今!
吉井酒造煉瓦倉庫の裏道を通っていくと、
屋根の雪下ろし作業が行われていた。
青く澄んだ空の下、気持ちいいだろうなあ~。屋根の上。
お疲れさまです!
f0041819_1911216.jpg

去年の展覧会のロゴが残る事務局の建物は腰の位置くらいまで雪に埋もれている。
f0041819_1914828.jpg

3月に入るとボランティアの除雪作業が行われていく。
作業によって雪が少なくなっていくと同時に、緩んだ気温も手伝って、
あの雪はいったいどこいっちゃったのぉ~?と言えるくらいになっていくんだろうな。
(文・写真=totate)
[PR]
by AtoZ_reporter | 2006-02-18 19:03 | ★その他
準備ボランティア募集説明会 報告
2月9日、11日にAtoZ準備ボランティア説明会が行われました。

まずは9日19時より。場所は弘前大学みちのくホール。
300人収容可能な立派なホールで行われました。
f0041819_14152048.jpg

当日は大雪、というよりもドカ雪と言っていいほどの悪天候の中
たくさんの方にご来場いただきました〜。
f0041819_14191285.jpg

まずは大川会長の挨拶から説明会開始。
言葉の端々からAtoZに対する想いがビシビシと感じられる熱いスピーチでした!
これで皆様にも実行委員の本気さが伝わったのではないでしょうか。
f0041819_1442433.jpg

実行委員の須藤先さんら開催趣旨についての説明。こちらも熱い!
その後、会場全体が暗くなり舞台からスクリーンが!
説明会では今までのボランティアの様子などを編集した特別映像を見ていただきました。
見ていると胸が熱くなる・・・!
f0041819_14254482.jpg

その後、各部会長より部会ごとの作業や今後の展開について話してもらいました。
AtoZでは会場作り以外にもプロジェクトや教育、WEB、ドキュメントなど
様々な種類のボランティアスタッフを募集しております。
f0041819_14322940.jpg

説明会終了後は会場でボランティア申込書の受付。
早速ボランティア申込みがあり嬉しい限りでございました。
f0041819_14372426.jpg

引き続き11日の説明会の様子です!
11日は13時・17時の2回、
場所はharappaが入っているルネス街のホールで行われました。
f0041819_16104434.jpg

この日は2回合計で100名以上の方に参加していただきました〜。
やはり皆様映像に釘付け!この映像は今後AtoZサロンでも上映予定です。
f0041819_16113195.jpg

説明会後は、harappa事務局でボランティア申込みを受付。
申込みをする皆様の熱気で熱い事務局でした!!
f0041819_16344518.jpg

<おまけ>
f0041819_1650826.jpg

9日ボランティア登録してくれた方や、実行委員とパシャ♪
AtoZボランティアに興味お持ちの方はAtoZホームページの「ボランティア募集」に
詳細が載っております。
ぜひぜひごらんください〜。
(写真・文=AtoZ実行委員 北川直樹 )
[PR]
by AtoZ_reporter | 2006-02-17 17:02 | ☆イベント・リポート
小屋倶楽部、バンコクへ行く!
ちいさな小屋☆通信

台湾で(勝手に)結成された小屋倶楽部、今回は、バンコクへ行ってきました。
夕方、バンコクに着き、ホテルからシラパコーン大学でのオープニングにホテルから向かうものの、タクシー3台に「わからない」と乗車拒否。
日本ではあり得ないけど、まあ、マイペンライ?
4台目のタクシーをゲットして、すごい渋滞を抜け、大学の周辺で迷うもののオープニング1時間遅れで、大学裏門に到着。
学生がまだまだたくさんいて、座っておしゃべりしたり、コートでは男子学生がバスケをしていたり。
f0041819_15145100.jpg


守衛さんに、案内状のハガキを見せてギャラリーの場所を聞くと、そこに座っておしゃべりをしていた女子学生のコに「連れってってあげなさい」と。
その子につれられてギャラリーの方へ向かうと、中庭に暗い中にライトアップされたプーケットの大きな犬が見えました。
間近で見ると、プーケットの子供たちとがしがし遊んでいるんだなあと思われるキズがあちこちに。
さわってみるとあったか〜い。タイの気温であったまってる。
このプー犬、かちかちでなくて、意外にやわやわな感じなんですよ。
耳とか特にパコーンって感じです。

やはりオープニングセレモニーは終わってしまっていましたが、ギャラリーはまだまだすごい人であふれてました!
ちょっと前までは、この3倍いたとかいないとか。
f0041819_113738.jpg


ギャラリーは犬のいる中庭をコの字形に囲んでいる校舎の一つの1階。
ガラスの入口越しにライブドローイングしてるタムくんが見えました。
f0041819_115458.jpg
プーケット犬を描くタムくん


タム君を横目に見つつ、入り口を入ると、正面には、HPのTOPと同じ、カレンダーのついた切り抜きのタイトルが。
そして文字の上にはキラキラ。
f0041819_1191949.jpg


このキラキラは、まるでちいさな☆通信のカバーからとってきたみたいで、キンキラの王宮や寺院の装飾のタイっぽい!
このキラキラマークは、ロンドン小屋から増えたアイテムだそうで、ロンドンのキラキラは、豊嶋さんの手作りだったそう。ここのキラキラは、タイ製だそうです。
タイ、これ作るの得意そうだよね?

そして、その右手の部屋に、目的の(?)奈良+graf(YNG)小屋はありました!
うーん! ちいさくてかわいい!
ソウルハウスや台北ハウスは、その大きさに「うわーーー」っとなったけど、
この小屋の小ささには、「きゅー」って感じです。

ほんとうに、ちいさな小屋!
家でも、街でもなくて、街外れにぽつんと建ってそうな小屋でした。
もちろん、奈良さんが住んでいそうな。
f0041819_1581172.jpg
白い小屋の上にはTriplets Sisters? あの3人のコたちの看板が。


左側に、茶色のほそーい観音開きの扉があって、その細さが、タイっぽい!
小屋の右側の外壁は、白。扉のついている側は茶色の地に、ところどころに白と水色(みどり?)。色といい、廃材といい、小屋マニアとしてはわくわく。
f0041819_2235571.jpg

f0041819_120255.jpg


扉を入ると、廊下になっていて、天井には見慣れた裸電球が。
またしても小屋マニアにははずせないツボ!
廊下の板は、幅広、テラテラのフローリング。(ちなみに屋根は、さびさびのトタン)
そして正面に小さなペインティングとキラキラが!
f0041819_1211362.jpg
ペインティングのサインの日付けはタイ暦!

f0041819_202484.jpg


そして右に曲がると、ドローイング部屋になっていました。
ドローイング部屋は、木の手すりで区切られた、でも通路と床の高さが同じ高さの部屋でした。
この手すりが、また、なぜかタイっぽいです。
そろばんの玉が並んだみたいな細工の手すりで、色は塗られてなくて、茶色の木のまま。
ニスを塗ったら、ものすごく吸い込みそう。
作業机も、濃いめの色のベニヤ(安そうな)板でした。
(今回は、とってもいい廃材が手に入れられたそう。by. grafアオヤン談)

中に入ってタイだ!と思ったのは、なんと、窓に網戸が張られていること!
でも、いつものとおりのすき間だらけの廃材小屋だから、虫が入って来ること、99%間違いなし!
f0041819_212983.jpg

f0041819_1224282.jpg


正面には、130cmくらいの正方形に近い大きさの、片目がばんそこのコの絵が一枚ばばーんと貼られてあって(もちろん画びょうで…)、左右の壁には小物や、ドローイングが。
その小物たちの中には、見覚えのあるものや、現地の露天で買ったのかな?と思われる小さな仏像やミラーボールも。
部屋の机側には、網戸の張られた横長の細い窓。
跳ね上げ式の窓(鎧戸)が上がっていたけど、夜になったら閉めるのかなあ。
廊下からの出口は、なんと1m程の高さしかない、観音開きの茶色い小さな扉。
そこにはタイ語で何か文字が。
f0041819_1235694.jpg
頭ぶつけるから『危険!』とか書いてあるのかなあ?『ばいばい』かなあ?『サンキュー』?


絵の向かいにあたるところには大きな格子の窓があって(開きます!)、その横にクーラーの室外機置き場?と思うような茶色の木で作られた出っ張りが。
人がたくさん集まっていて、何かと思ったら、モニターが入っていて、A to Zへの道?DVD(ボランティア説明会で流されたという映像)が流れていました。
日本語わからないと思うけど、タイ人の人たちは、一生懸命見ていましたよ。
でも、これ、自然にリピートしたりしなかったり。
ま、ここも、マイペンライ〜。
ソイ・サバーイ?
f0041819_225030.jpg

f0041819_1253832.jpg
翌日、閉館30分前には、すっかり電源が落ちてました(笑)


入り口から小屋の周りには、地元の小学生が作った犬と、シラパコーン大学の学生が作ったという犬小屋がたくさん置かれていました。
青い犬? 赤い犬?
小屋?(笑)
みんなうますぎ!
f0041819_1292159.jpg
2階建て〜。AtoZのこころ!


ところで、ドローイングルームには恒例?となったライブドローイング、ここでもありました。
正面の大きな絵の位置を直していた奈良さんが、突然色鉛筆を持って、部屋を吟味しはじめ、左側の白い壁にさらさらと描き、3分ほどでフィニッシュ!
f0041819_131126.jpg
できあがり!


この時点で、すでに9時。
オープニングはそろそろおしまいでした。
外に出ると、大きな月が。
暑いタイももうすぐ満月でした。
f0041819_1334942.jpg


ところで、今回の展示は、3カ所の会場に、奈良さんの作品が展示されています。
別会場rajataに置かれている、小さなプーケット犬とその小屋は、タイ小屋と同じ廃材を使っていて、中は白ペンキ塗り仕様。
この犬は、プーケット犬の原型で、脚やしっぽには、実際の高さの線や数字が書いてありました。
(足の甲には50(cm?))
f0041819_1351698.jpg
大きく見えるけど


このrajataの展示スペースは、白の壁に、水色の扉の小さな小屋のような、バンガロー?のようなアトリエが何軒か集まっているかわいいスペース。
家は高床式になっていて、もちろんクーラーとかなくて、窓は開けっ放しで、 植物が日本の10倍くらい大きくて、ずっとぼーっとしていたいような(しちゃいそうな?)場所。
大学からはチャオプラヤ川を船で上流に5つ目で、船着き場から男子の足で172歩?
移動がすごく楽しかった!
f0041819_136661.jpg
実はこんな大きさ〜

f0041819_1362685.jpg

f0041819_1372061.jpg

f0041819_1375528.jpg
舟付き場の屋根の上に、何かこわいものが!


もう一つの『Nightwalker』が展示されているスペースは、街はずれのおしゃれさんが集まるカフェバーのようなレストラン。
2階へ上る踊り場の壁に、夜になったら歩き出しそうに展示されていました。
f0041819_1392965.jpg


今回の展示はあちこちに散らばってて、船に乗ったり、電車に乗ったり、途中で屋台に寄ったりと、移動の間も楽しさてんこ盛り。
A to Zもこんな感じに小屋から小屋へと渡り歩けるのかと思うと、目が回りそうにわくわくです!

おまけ。
f0041819_1411486.jpg
大学にいたりす。でかい。

f0041819_142163.jpg
ドクター×2

写真と文・qz+ma
[PR]
by AtoZ_reporter | 2006-02-17 02:35 | ★各地の展覧会リポート
「束の間美術館ソイサバーイ」展報告2
1からのつづきです。
「束の間美術館ソイサバーイ」展は、シラパコーン大学ギャラリー以外に3つの展示会場があり、それぞれの場所を探してバンコクの街を彷徨うのも、大きな楽しみのひとつでした。
f0041819_1554156.jpg
このチラシの裏が地図になっています。スタンプラリーもありました。


民家のようなくつろぎスペース、Rajata会場へ

シラパコーン大学からはそう遠くないラジャタ会場は、民家の建ち並ぶエリアにありました。ワークショップや展示などで使われるアートスペースだそうで、いい感じに使い込まれた木造建て三棟から構成されています。

f0041819_14443345.jpg
中央の水色に塗られた棟がメインの展示会場。人を安心させる趣があります。


窓から気持ちのいい風が入る(蚊もいっぱい入る!)空間に、作品が点在し、ここにミニミニ奈良美智+graf小屋もありました。
自宅にいるようにくつろいだ空気が流れていて、そこに居るだけで、タイのゆっくりした時間の中に引き込まれてしまいます。美術館とはまた違う、アートと日常が自然に解け合う希有な場所。こんなところが近くにあれば、毎日通ってしまうのに!ていうか、住みたいぞ。

f0041819_14454095.jpg
スワン・ライマネーさんは、タイ式マッサージを指導。観客同士で治療しあいます。

f0041819_14461573.jpg
細木由範さんの樹の幹の彫刻。キノコのように生えてきた?


夜のアートスペース、Pla Dib会場へ

都心のサイアムあたりまでいったん出て、電車に乗ってアリー駅へ。路地裏の熱気がうずまく町中から一転、豪邸の建ち並ぶハイソなエリアをてくてく歩き、ナイトスポットのプラ・ディブへ。気負わない家具や空間のデザインがセンスよく、タイのgrafのような(?)落ち着ける場所です。日中は開いていませんが、展示を特別に見せていただきました。一階はライブ会場とバーで、その二階が展示会場になっていました。
f0041819_14494353.jpg
プラ・ディブ会場の外観

f0041819_1449439.jpg
階段ホールに奈良美智さんの「Nightwalker」が展示。中央がSutee Kunavichayanontさん「タイの摩天楼」、右が伊藤利江さんの「flower」。

f0041819_14482619.jpg
左から、イーリー・キシモトさん、Ambient TV.NETさん、Podさんの作品。

f0041819_14502527.jpg
お風呂場を使ったPhilippe Laleuさん、Porntaweesak Rimsakulさんの展示。他の部屋には都築響一さんの秘宝館写真もありました。

f0041819_14522250.jpg
アシスタント・キュレーターのケイトさんが作業中でした


Ruen Nuad会場でマッサージ!

電車のサラディーン駅から、道沿いで野菜や揚げ物、汁物を売る屋台の美味しそうな香りをくぐりぬけ、お洒落なレストランに隣接する、二階建てのマッサージ屋さんへ。
f0041819_1451154.jpg


飾られているのはSutee Kunavichayanontの一点のみ。あれれ?
f0041819_14505247.jpg
西洋人の紳士がムエタイ選手に踏まれて(揉まれて?)います。


でも、せっかくここまで来たのだからと、フット・マッサージを受けていくことにしました。1時間でたった1000円弱。強すぎない適度なマッサージをゆるゆる受けていると、頭が覚醒したりまどろんだり、いつのまにか夢見心地に……旅の疲れも落ちていきます。
タイにおいてはマッサージは宗教的意味合いもあると聞いたことがありますが、ここでマッサージを受けることも、展覧会の意図のひとつだったのかもしれません。さらには、道すがら屋台でご飯を食べたり、暑い街の雑踏で人々の生活を感じることも、展覧会の一部なんじゃないかと思えてきます。すべてがソイサバーイ。街全体が展覧会に見えてきました。
f0041819_1642098.jpg
古い建物をリノベしたマッサージ屋さんの二階は、くつろげるベランダ・スペース。

マッサージ屋さんは、よく見ると民家を改築した雰囲気のある造りで、廃材を上手く利用しているところなど、A to Zの小屋の風情ととてもよく似ていました。
そう思って街を歩くと、バンコクには「A to Zな」建物がいっぱいあります。もとの造りがわからないほど手が加えられたつぎはぎの家や、おんぼろだけど愛嬌のある小屋も、新しい規格品の建物にはない、生活の温もりや人の生きる力に満ちています。
じつは、バンコクに建った奈良+grafの小屋が、あまりにもこの土地に馴染んで見えることが最初は不思議でしたが、その理由が少しだけわかったような気がしました。タイには、A to Zの精神がごく自然な形で、日常の中に息づいているのです。いや、残っているというべきでしょうか。
そしてそれは、以前、弘前の煉瓦倉庫に建つ小屋を見たときに感じた感覚にも近いものでした。

f0041819_14524756.jpg
チャオプラヤ川の船着き場も「A to Z」に見えてくる!


シンハー・ビールで一服しながら、ある人がポロリと言った言葉が印象に残りました。
「A to Zは、奈良さんや豊嶋さんが世界中を旅して見て、感じたことが、小屋という形で表現されているんじゃないかな・・」。
そんな旅の感覚を追体験できたサバーイなバンコク紀行は、いつまでも余韻を残したのでした。
(文・写真=宮村周子)

*「束の間美術館ソイサバーイ」展のHPはこちら
[PR]
by AtoZ_reporter | 2006-02-16 14:56 | ★各地の展覧会リポート
「束の間美術館ソイサバーイ」展報告1
f0041819_14275072.jpg
展覧会プレートはジョナサン・バーンブルックデザイン!


文化遊牧民の澤文也さんがキュレーター

タイのバンコクで、2月11日〜17日までの一週間開催されるグループ展「束の間美術館ソイサバーイ」。奈良美智+grafが参加したこの展覧会は、澤文也さんとgrafの豊嶋秀樹さんの共同キュレーションで実現しました。
澤さんは、大阪にいたかと思えば、次はロンドン、そして台北、インドetc.と、世界各地を旅して回る、神出鬼没の不思議な方です。肩書きは「記録人」とよくされていますが、様々な企画を手がけるほかに、執筆、翻訳、写真家等々、実に多彩な顔をお持ちで、なによりその交友関係の広さは驚くばかり。新しくて面白いことをしている人達を誰よりも早くキャッチし、口コミや展覧会や記事を通じて紹介してくださいます。
そんな澤さんは、じつは奈良さんとgrafとを最初に引き合わせたキイ・パーソンでもあります。2003年にgraf media gmで開催されたグループ展「my room somehow somewhere」に奈良さんが参加したのが事の発端。同展は、気の合う仲間の活動を自室でくつろぐようにして紹介したアットホームな企画で、そのコンセプト自体が、自分達のhomeにこだわる「A to Z」展のスピリットと共鳴しています。そのあたりの経緯は、ソイサバーイ展HPにあるご挨拶文に詳しいです。

f0041819_142904.jpg
澤文也さんと奈良美智さん。じつはトラックの荷台で風に吹かれています。


さて、澤さん今イチオシのタイのアートシーンを紹介する展覧会は、2004年にやはりgraf media gmで「8月のタイ: welcome to soi sabai」という名で開催されました。これがさらに熟成し、日本や世界各国からのアーティストも多数参加して、タイ本国で実現したのが、今回の「束の間美術館ソイサバーイ」です。4会場を使い、29組のアーティストが参加。ソイサバーイとは、「気持ちのいい路地」という意味だそうです。
バンコクにはどんなサイサバーイが待っているのでしょうか?

メイン会場シラパコーン大学ギャラリーでオープニング!

奈良美智+grafの建てた小屋の詳細については、別のリポートをご覧いただくとして、ここでは展覧会の全体をざっくりと報告していきます。

まずは、2月9日の夕方6時から開催された展覧会オープニング。日中は30度を超すバンコクですが、夕方に日が陰ると少しだけ過ごしやすくなります。王宮前広場に隣接したシラパコーン大学のギャラリーへ向かうと、プーケットから運ばれてきた奈良さんの犬「Your Dog in Phuket」を囲み、式典が始まっていました。

f0041819_14293741.jpg
出品作家たちがご挨拶。中央のピンクのTシャツの人が豊嶋さん。


座席で目が留まったのは、手作りの犬を大事そうに抱えた小学生の姿。実は彼らは、展覧会の一環として行われたワークショップに参加した地元の子供達で、学校帰りの時間を使って、奈良さんの犬の絵を見ながら彫刻をつくりました。そして、それぞれの犬の名だけを聞いて、建築学部の学生が廃材で犬小屋を作成。オープンの日にお互いの初披露となったそうです。なんだか心温まるサプライズ・ストーリー!

f0041819_1430390.jpg
花柄制服シャツの子供達は自作の犬を手に。

f0041819_14311928.jpg
彼の犬にはこんな家が待っていました!

f0041819_14303311.jpg
自分の家をもった子犬達。どれもかわいい!


シラパコーン大学はイタリア人彫刻家のシルパが創設した美術大学で、大学の校歌は小節の利いた「サンタ・ルチア」(!)なんだそうです。
オープニングの夜はとにかくたくさんの学生や来場者で大にぎわいでした。
展示に使われたギャラリーは大部屋二室と小部屋二室からなる立派なスペースで、奈良+grafの小屋は右手の奥まった一室を使用。サイズは小ぶりながら、これまでの技の粋とタイの息吹が込められた力作でした。

f0041819_14322156.jpg
日本でも人気のウィスット・ポンニミットさんはエントランスの壁に来場者の似顔絵をライブ・ドローイング。

f0041819_1433550.jpg
子供達に大人気だったAamu Song(Anteeksi)さんの着られるアート。祭事用と日常用と二種類。

f0041819_14333853.jpg
犬は展覧会の隠しテーマ。違う犬種になれる犬用着ぐるみに爆笑。Peng Hung-Chihさん作。

f0041819_1433587.jpg
ポール・デイヴィスさんのドローイング・インスタレーション。

f0041819_14345162.jpg
思わず笑っちゃう、梅佳代さんの写真シリーズ。

f0041819_14351952.jpg
グッピーの水槽やジオラマでコンロを改造。映像と組み合わせた作品。


このほか、米田知子、Mai Hofstad Gunnes、映像ルームではコーネリアス+辻川幸一郎といった皆さんが作品を発表。世界最速のアート展はなんだかユーモラスで身近で、居心地がよくて、いつまでも会場にとどまりたくなりました。(2に続く
(文・写真=宮村周子)

*「束の間美術館ソイサバーイ」展のHPはこちら
>>報告記事2へ
>>小屋倶楽部のバンコク記事へ
[PR]
by AtoZ_reporter | 2006-02-16 14:35 | ★各地の展覧会リポート
奈良美智+graf、タイへ行く!
冬季オリンピックで沸く厳寒のトリノとはうってかわって、
灼熱の太陽光がふりそそぐ「ほほえみの国」といえば・・
f0041819_0374375.jpg

そう、タイ国はバンコクからの速報です!
「A to Z」企画の大立て役者、奈良美智+grafが、タイのグループ展に参加したのです!
ちょっと前まではロンドンに居たはずの彼ら、
なんとその帰りの足でバンコクに寄り、また新たな小屋を完成させたというから驚きです。
f0041819_0382660.jpg

ほぼ作業を終えた2月9日の夜、シンハー・ビールで前祝い!
改心の出来、とスタッフが胸を張るバンコクの小屋がこちら。
f0041819_0392438.jpg
f0041819_039359.jpg
f0041819_0394712.jpg

展覧会は、澤文也さんのキュレーションによる「束の間美術館 ソイサバーイ」展です。
2月10日にオープニングを迎え、最終日17日までの間に、
ライブイベント(13日)、ワークショップ(15日)、トークショウ(16日)、
おわかれイベント(17日)など、企画が盛りだくさん用意されています。
バンコク市内4か所の会場を使い、上記の小屋が建てられているのは、
そのうちのメイン会場、シラパコーン大学ギャラリーです。
ギャラリー前の広場には、プーケットに設置されていた大きな犬の彫刻もやってきていました。これはスマトラ沖地震のお見舞いとして子供達に贈られたものでした。
f0041819_0431321.jpg

そして、別会場にはさらなるミニミニ犬小屋も!
f0041819_043297.jpg

とにかく見どころ満載のこの企画、詳細は続報にて!

*ソイ・サバーイ展HPはこちら

おまけ↓



f0041819_0434313.jpg

バンコク犬は暑さにバテ気味・・
[PR]
by AtoZ_reporter | 2006-02-14 00:56 | ★各地の展覧会リポート
A to Z cafeオープン初日[詳細]
2006年2月5日、ついにA to Z cafeが南青山にオープンしました!
前回の速報画像に続きまして、今回はオープン初日の様子を文字にてお届けいたします。
青山通りから一本わき道に入った静かで細い路地の奥に、equboビルはありました。

まだビニールシートでカバーされたままのエレベータで5階にあがると、明るく広々とした店内が目の前に広がります。
しかし!店内に足を踏み入れる前にふと頭の上を見ると、八角形の枠に色とりどりの電球が灯された、小屋マニアなら思わずニヤリな装飾が目に入ります。
奈良+grafは相変わらずやることが細かいなー。

f0041819_1825870.jpg

窓際は自然光と風の入るとても気持ちのよい場所


スタッフに案内されてフロアに足を踏み入れると、とっさに目に飛び込んで来るのは、中央に建てられている廃材でできた小屋。
そこは奈良さんの作業部屋(通称"Drawing Room")になっており、ガラス窓越しに中を覗くとドローイングが部屋のあちこちに置かれ、また小物や吸い殻が山盛りの灰皿などがあり、まるで「いま、ちょっと留守にしています」という状態のよう。(この部屋、個人的にはCBGBのマットがぁぁぁ〜〜〜!!)
Drawing Roomとしては初めての四方を壁で囲んだ構造に、"部屋"としてのリアリティを感じます。
小屋はスペースにあわせていろいろと進化と変化を見せてきましたが、ロンドンに続きまた新たなバージョンが!
その周囲には、ウッドデッキが設けられ、さまざまな形の古びたちび椅子と古びたちび机の客席があります。

さらに、このDrawing Roomとウッドデッキを囲むように、360度ぐるりと客席が設けられ、どの位置からもDrawing Roomを眺めながら飲食することができるようになっていました。
Drawing Roomの裏側にまわると、屋根の上に看板が取り付けられているのも発見。

f0041819_1813379.jpg

Triplets Sisters?カフェのマスコットガールズたち


広い店内、いろんな発見があり思わずうろうろしながらたのしんでしまいます。(そういうお客さん多し!)
この日は11時半のオープンからすでに、情報早耳のお客様が何組もいらしていて、奈良さんのオリジナルドローイングがほどこされたテーブルや窓際の明るいテーブルなどめいめいが好きな座席でランチを楽しんでいるようでした。

店内の奥にはもうひとつ小屋があり、A to Zのサインの掲げられたアーチ型の入口をくぐるとそこにはソファの客席もあります。
そこはかとなくS部屋を思い出すこの部屋にある白い棚の中には、奈良さんの私物なのでしょうか、さまざまな小物たちがきれいに並べられていました。
この小屋の脇にある細い通路を入ると、1m四方ほどの小さなスペースの壁に人形の詰まったアルファベットのSMLを模ったアクリルケースが縦に(!)展示されています。
店内の別の壁にも、人形の詰まったピースマーク型のアクリルボックスが展示されていました。
これはいずれもS.M.L.展(2003年/graf media gm)で展示されたものですので、S.M.L.展に参加されたかたは、ぜひご自身の人形を探してみてください。
けれども、なぜかSMLには「.」がありませんでした・・・ドットはいったいどこへ?

f0041819_1872345.jpg

描き下ろしドローイングつきのテーブルは数台しかありませんのでお見逃しなきよう


メニューは奈良さんのオリジナルドローイングがプリントされた、見開きB3サイズの2ツ折りペーパー。
お品書きだけでなく、A to Z journalというタイトルでA to Zのインフォメーションや、奈良+grafが関わってきた展覧会や手がけてきた小屋の数々も細かく紹介されています。
このメニューはテイクフリーなので、使用後は自由に持ち帰ることもできます。

ランチタイムは11:30〜16:00で、魚料理の定食と肉料理の定食が日替わりで1000円、そして丼物が日替わりで800円というリーズナブルなお値段。
この日のランチメニューは、魚料理が鮭の西京焼き、肉料理が鶏もも肉の柚子胡椒焼き、丼物が味噌煮込みハンバーグでしたが、どれもボリュームがあり男性でもきっとお腹いっぱいになると思います。
その他のお料理、お飲み物、デザートともに種類が豊富でとても充実しているので、インスタレーションに負けずカフェとして充分に満足できるお店です。

f0041819_1841436.jpg

こちらが肉料理のランチ、生野菜もたっぷり添えられています


で!grafの手がけたお店となると、トイレも気になってしまったり。
オープン間もないトイレに潜入してみると、中はまさにgrafの仕事!!という感じの、木の温かみを持ちながら機能的かつシンプルな造り、そしてとても清潔でした。
厨房の手前にはバーカウンターがあるのですが、ここのカウンターテーブルがガラス張りのウインドウになっていて、Hで連載されていたドローイングエッセイ『ちいさな星通信』の生原稿が展示されています。
連載当時を知る人にとっては思わず鼻血ブー!!!なデッドゾーンですので、くれぐれもご注意を・・・。

f0041819_185825.jpg

カウンターは上級者向けでしょうか・・・


equboビルの向かいには、道路を覆うほど大きな桜の木があります。
この通りに詳しいかたのお話しでは、春の満開時期にはとてもきれいな桜の花が見られるのだそうです。
5階から眺める桜もきっときれいですよねー。

ひとりになりたいときには、カウンター席へ。
お友達とのんびり過ごしたいときには、奥のソファ席へ。
つかれて気分が晴れないときには、窓際の席へ。
運がよければ、ドローイングテーブルの席へ。

どんな気分のときでもどんな用途でも、居心地がよくてついつい長居してしまう、A to Z cafeはそんな場所になりそうな予感です。(文/画像=市橋なお子)
[PR]
by atoz_reporter | 2006-02-06 00:00 | ☆A to Z cafe情報
A to Z cafeオープン初日[速報]
2006年2月5日(日)、A to Z cafeが南青山にオープンいたしました。
今回は、オープン初日の様子を速報として画像で公開いたします。
詳細のレポートは後ほどお届けいたしますので、いましばらくお待ちください。

f0041819_173418.jpg

A to Z cafeは青山通りからちょっと入った細い路地にある、equboビルの5階で営業しています。

f0041819_1103494.jpg

5階でエレベータを降りると、八角形の枠に据え付けられた色とりどりの電球が…。

f0041819_182711.jpg

しかし、店内に目を向けるとフロア中央には小屋が出現していて思わず目を奪われます。

f0041819_1104895.jpg
そして、レジ前の棚にはカフェメニュー兼A to Z journalがどっさり積まれているではありませんか。

f0041819_193966.jpg

このメニューを開くと、バラエティ豊かなお料理と奈良さんのオリジナルドローイングが!

f0041819_171559.jpg

早耳のお客様は、すでに開店時間からご入店されています。

f0041819_164345.jpg

ここは窓から外の光が入る、とても気持ちの良い空間です。

f0041819_18423.jpg

中央の小屋を覗いてみると、どうやらそこは奈良さんのDrawing Roomのようです。(CBGBのマットが!)

f0041819_181259.jpg

ところが、店内の奥にもA to Zのサインが掲げられたもうひとつの小屋が…。

f0041819_1202564.jpg

アーチ型の入り口をくぐってみると、この中も客席になっていました。

f0041819_192596.jpg

そしてなんと!!テーブルには奈良さんのオリジナルドローイングが施されています!!

f0041819_19895.jpg

日替わりのランチメニューは、黒板でおしらせ。

f0041819_195542.jpg

カウンター席のテーブルには、ちいさな星通信の生原稿も展示されています。

f0041819_1101669.jpg

店内の奥深くには、人形の詰まったアクリルボックスSMLも展示されていますので、ぜひ探してみてください。

A to Z cafeでは、奈良美智+graf会心の内装とベテランスタッフが、訪れる人をあたたかく迎えてくれます。気軽にお立ち寄りを。 (画像/コメント=市橋なお子)

【A to Z cafe DATA】
東京都港区南青山5-8-3 equboビル5F
TEL:03-5464-0281
平日11:30-23:30/休・祝前日11:30-28:00
地下鉄銀座線・半蔵門線・千代田線表参道駅
B1出口を出て、渋谷方面に向かう道の最初の曲がり角を左に曲がり、直進300m歩く
[PR]
by atoz_reporter | 2006-02-05 23:57 | ☆A to Z cafe情報
ロンドン展覧会プレビュー 2 
プレビュー当日は朝から冷え込みが厳しくてかなり寒かったんですが、そんな寒さもなんのその、ギャラリーには奈良さんの展覧会を心待ちにしていた、たくさんのお友達やファンの方々がいらっしゃっていました。マイナス何度という気温にも関わらずギャラリーの外でもたくさんの人たちが中に入るのを待っていたり、談笑し合う姿も。

そんな寒さのなか奈良さんにもYoshitomo Nara+grafのタイトルの前で記念撮影にご協力頂きました。 ありがとうございました!


f0041819_1404114.jpg


プレビューの中盤には観覧される方達の数もどんどん増えていって、ギャラリー内は一時は満員電車状態でなかなか思うようにゆっくりと作品を観覧できない状況だったのでは?と思いましたが、それでも会場を後にされる方達はみなさんとてもハッピーな笑顔を浮かべていたのが印象的でした。
f0041819_143586.jpg
 

さらに奥の部屋にあるクレイハウスの作品や、その他の展示に関してもまだまだ話題はつきませんが、ひとまずはここまでで。

レポートの続きはしばしお待ちくださいませ! (文・写真=前田エリコ)
[PR]
by AtoZ_reporter | 2006-02-04 02:04 | ★各地の展覧会リポート




Copyright 2006 Yoshitomo Nara + graf All rights reserved.
掲載された記事・写真の無断複写・転載はご遠慮ください。