六花酒造工場見学−AtoZ Cup House[4/25-26]
f0041819_144433.jpg

AtoZが開催される「吉井酒造煉瓦倉庫」では昔お酒を造っていたという。
酒造所当時の風情を彷彿させる「お酒」が、今回「六花酒造」とのタイアップにより実現しました。
オリジナルラベル「純米酒 AtoZ Cup House」が数量限定で発売されます!
「じょっぱり」や「蔵子」などで知られる六花酒造。取材に伺った4月25日、倉庫内では瓶詰め作業が黙々と続いていた。
f0041819_1445731.jpg

f0041819_1451171.jpg

f0041819_1453269.jpg

f0041819_1455144.jpg

弘前を代表するアーティストと酒造のコラボレーション。酒好きならずとも感心を持つに違いない。
「純米酒 AtoZ Cup House」はワンカップスタイル。カップのデザインは雲の上の女の子、寝てる犬、3人の女の子の全3種類。しかもフタにまで女の子の絵とAtoZの文字がっ!!
f0041819_1461480.jpg

f0041819_1462783.jpg

開けるのがもったいない、けど飲みたい…とちょっと複雑。工場瓶詰め作業をみている間中、取材陣からは「かわいい〜」の声が何度も聞こえてきていた。
作業は人の手で行われる工程がかなりあってビックリ。やはり特殊なデザインという事もあり、機械ではどうしても無理なのだという。通常カップのデザインはパターン柄がほとんどな中、このカップには表裏があり、表面の絵に開け口の取っ手がかからないように配慮されている。ここまでのこだわり、思わずため息が出てしまった。
箱詰めは26日。オリジナルの小屋の形をしたパッケージがまたとっても可愛らしい。3つの小窓からそれぞれの顔を覗かせている。この箱詰め作業ももちろん手作業。おみごと。
f0041819_1474362.jpg

おみやげにしても喜ばれそうだし、自分の手元にも早く置きたい。
そして全国の奈良美智ファンのみんなにも早く届けたいな。

(写真=AtoZ実行委員会 文=三上恵里)
[PR]
by AtoZ_reporter | 2006-04-27 01:52 | ★その他


<< 第1回ボランティア交流会/煉瓦... AtoZサロン@岡山報告! >>


Copyright 2006 Yoshitomo Nara + graf All rights reserved.
掲載された記事・写真の無断複写・転載はご遠慮ください。